お墓じまいをご検討の方へ

お墓じまい(撤去)をご検討の皆様へ

お墓じまい(撤去)について

  • 墓地の権利の返還
  • 納められていた遺骨の移動
  • 墓石の撤去、処分

上記①~③の過程を「お墓じまい(廃墓)」と呼びます。
今あるお墓の跡継ぎがいない場合や管理費が払えなくなり無縁墓となる心配がある方が、よくご相談に来られます。
お墓じまい(廃墓)によってお墓を持たなくて済み、遺骨の跡継ぎや管理を必要としなくなります。

③で撤去する墓石を再利用できます ⇒ 記念品やモニュメントとして残しましょう!
詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせメールフォーム

お墓じまい(撤去)の方法と費用について

お墓や納骨堂に納めてある遺骨を他のお墓や納骨に移す場合、行政上の手続きが必要になります。
手続きは役所の窓口にて行います。
費用に関しては、撤去方法により異なりますので、お問い合わせのうえ見積もりを提示いたします。森忠石材店では、墓石の撤去・処分も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

取り出した遺骨について

墓石を撤去して取り出したご先祖様の遺骨の行き先には複数の選択肢があります。
合同墓(納骨堂・永代供養墓・樹木葬墓地)に納める方法があります。

本当にお墓じまい(撤去)をして大丈夫!?
お墓じまい(撤去)をする前に確認
すべき3つのこと

あなたは、お墓の管理費を支払う名義人ですか?
『はい』と答えたあなた

あなたの一存でお墓じまいについて進めることが出来ますが、後々のトラブルを回避するためには、親族・親戚への了解を得ておくことが大切です。

『いいえ』と答えたあなた

お墓じまいの権限は、お墓の名義人にあります。
まずは、お墓の跡継ぎとして名義をご自身に移すことが先決です。

あなた自身の死後、ご自身の遺骨をご先祖様と同じ場所に入れて欲しいですか?
『はい』と答えたあなた

合同墓を遺骨の分だけ確保するか、もしくは永代供養墓などの合同墓を整備することで、将来ご先祖様と同じ場所に入れることが出来ます。

『いいえ』と答えたあなた

海洋散骨や人工ダイヤモンドなど選択肢は多岐に渡りますが生前に残される方に希望を伝えておいた方がよいでしょう。

あなた自身の死後、お墓を継げる子供や親戚縁者がいますか?
『はい』と答えたあなた

現在、民間霊園の中には例えば30年間などの期限付きで、墓石を建て、期限が過ぎると同じ霊園の中にある合同墓に遺骨を移し、墓石は霊園側が撤去してくれることで、無縁墓にならずに済むプランを用意しているところが増えています。

『いいえ』と答えたあなた

もしも、子供や親戚がいるのなら、その中にあなたのお墓を継いで守ってくれる人がいないか是非相談してみて下さい。

改葬をお考えの皆様、先ずは(有)森忠石材店へお気軽にご相談くださいませ。

閉じる